第1期王将戦七番勝負 第4局 ▲木村義雄名人 – △升田幸三八段

過去の名勝負を振り返る「レジェンド」
対局日
1952年1月28日(月)29日(火)
会場
静岡・東西荘
持ち時間
各10時間

主催/毎日新聞

棋譜再生

スマートフォンやタブレットでも棋譜再生が可能!





将棋史に残る「陣屋事件」勃発!
毎日新聞主催で新設された王将戦第1期七番勝負。勝負は第5局で升田八段がタイトルを獲得。必ず七番まで指す「指し込み制」のルールが災いし、時の名人・木村義雄が香落ちで対局しなければならない第6局。升田八段が対局を拒否をしたという「陣屋事件」として有名。

第1期王将戦七番勝負

対局者・局数 第1局
12月11日12日
第2局
12月21日22日
第3局
1月15日16日
第4局
1月28日29日
第5局
2月11日12日
第6局
2月18日19日
第7局
3月30日31日
 
木村義雄名人 不戦勝  
升田幸三八段 不戦敗 初代
  相矢倉 角換わり 角換わり 角換わり 角換わり (陣屋事件) 角換わり  

当時の王将戦の規定では、必ず第7局まで指されることになっており、また「三番手直り」といってどちらかが3勝差をつけた時点で半香落ち(平手と香落ちを交互に指す)の手合割で指すことになっていた。

棋戦・対局者・戦型など関連した対局